痛みをイメージしての英単語暗記法

英語勉強法として、英語は単語のボキャブラリーがあるかないかで大きく影響するので、単語を覚える事は大事と言えます。英単語の暗記法としては、それぞれ自分の身体に番号を振り分けます。英単語を振り分けた番号の身体の部位に、痛みをイメージしながら単語を復唱します。親指が番号の2であれば、親指が折れた痛みのイメージとその英単語を復唱しながら暗記していきます。暗記の中で痛みの記憶は頭に残りやすい事を聞いて考えた暗記法です。何日か繰り返す事で、親指をイメージするとその単語がすぐに出てくるようになります。人間は日々忘れてしまう生き物なので、復習として繰り返し行う事が肝要です。身体全体では番号を振り分けるには限りがありますが、300個ほどであれば、1週間で覚える事が出来ます。学生の時から行っている英単語の勉強法で英単語のテストなどではほとんど満点しかとった事がありません。痛みを連想させて単語を頭に入れる方法は慣れれば基礎的な英単語であれば簡単に覚える事が出来ると言えます。