英語はひたすら読んで、語彙を増やす

実用的な英語を身に付けるためには、語彙を増やすのが一番大事だと考え、本や新聞、雑誌、カタログなど、いろいろな文章を手当たり次第読みました。語彙が増えれば、文章を読んでいて分る言葉が増え、その結果、意味も理解出来るようになります。しかも、文章の前後から照らし合わせて、言葉の持つ微妙なニュアンスも理解出来ます。例えば、これはちょっと硬い表現だなとか、これはユーモラスな言い方なのだなということが、文脈から理解出来ます。語彙が増えることで具体的に感じることが出来るメリットは、文章を作成するときです。いざ、文章を作るというとき、かつて読んだ具体的なフレーズが思い浮かぶのもそうですが、英語表現ならではの感覚が自然と浮かんでくるのです。例えば、日本語では能動態で話されることが、英語だと受動態の方が自然に聞こえるということがあります。日本語をそのまま英訳しようとしていたら、日本式に能動態で書かれるところかもしれませんが、英語感覚が身に付いたおかげで、どのような表現が自然なのかということも解るようになるのです。英語の習得には、リーディングが欠かせない理由の一つです。