英語の勉強法

以前は英語は読めても全く話せない典型的日本人で、学生のころやっていたビジネスホテルの受付のアルバイトでは、外国人のお客様のいうことが聞き取れず、怒られたこともあります。
 就職後、私の行っていた英語の勉強法は正攻法で、駅前留学の英会話学校に通ったことと、通勤の電車内でひたすらリスニングに励んだこと、あとはNHKラジオの英語番組(ラジオ英会話、ビジネス英会話)の活用です。
 リスニングは、当時はスマホなどで自由に教材をダウンロードできなかったので、本屋でCD付の教材を購入していました。CNN なども買ったことがありましたが、一番お気に入りはサンフランシスコの学生DJがしゃべるラジオ番組風のもの。定期的に新刊が出るので買って繰り返しきいてました。まだあるのかな?
 NHKのラジオ講座では、録音したものを、まずはテキストを見ないでディクテーションして、聞き取れるまで繰り返しました。これはけっこう力がつくのではないかと思います。
 そして英会話学校でアウトプット、聞き取りはわりと出来ても、口から出すのはやはり練習が必要でしたね。あと、もともとおしゃべりが好きな人の方が上達が早いと感じました。
 こうして、2~3年英語の練習に励んだ結果ですが、海外一人旅にでたとき不自由しなかった程度ですかね。それでも学生のころに比べたら進歩しました。